葬儀の規模はどれくらいが良いか

突然、家族が亡くなり葬儀をしなければいけない、という場合戸惑いを覚える遺族は多いものです。葬儀の準備をする上で欠かせないことがあります。それは、どれくらいの規模で行うかということです。故人が会社を経営している場合、もしくは重役、さらには地域社会に貢献している人、親族が多い人などは、どれくらいの規模で行うべきかとても迷います。もちろん、どれくらいの規模で行うかは遺族が決めることですが、望ましいのは疲れすぎない範囲が望ましいことです。遺族は葬儀が終わった後も、いろんなことが必要です。例えば、香典返し、形見分け、財産や遺産分与、亡くなった人が使っていた部屋や家の片づけ、その他の書類上の手続き、などしなければいけないことが山のようにあります。それで、あまりにも葬儀の規模を大きくしすぎて疲れて倒れてしまわないようにしましょう。もし、相談できる人や親族がいればその人たちに相談してから決めることもできるでしょう。