最もシンプルな葬儀

葬儀というと、お通夜、告別式から始まり四十九日法要などがあり、納骨まで、様々なことがあります。
大変だなというのが経験がない人の感想になりますが、最もシンプルに執り行おうというのであれば、様々なことが可能になります。
まずは、お通夜や告別式はどうしても執り行なわなければならないことはありません。
ご遺体をそのまま放置するわけには行かないので、火葬の手続きは必要になります。死亡診断書ももらい、死亡届を提出し、火葬許可証を管轄の市役所などに求めることが必要になります。
こればかりは、葬儀業者にお願いして、段取りをしていただくのがいいでしょう。
火葬が終わった後は、納骨ということになるので、埋葬許可証を火葬場で受け取りますが、お墓がなければ、お骨をそのまま自宅で保管しておいても全く問題はありません。
また、今は永代供養ということで、それ以降のことをすべて面倒見てくれるお寺さんなどもありますので、落ち着いてから探すということでも大丈夫となっています。