ご葬儀について

最期の時は、遅かれ早かれ、どなたにも平等にいつかは必ずやって来ます。生きとし生けるもの全てが、生まれ落ちた瞬間から決められている運命であり、避けることは絶対に不可能なものです。
その最期の時に、重要な節目として行われるのがご葬儀です。
ですが、多くの人が、普段はなるべく考えまいとしているものでもあるようです。中には、熱心に終活をされている方々もいらっしゃるようではありますが。
理想的なご葬儀とはどのようなものなのかは、人によって様々な感じ方、考え方があり、正解はいくつもあり得ることでしょう。ただ、この頃の傾向としては、心はこめても形式にはそれほどこだわらない、どちらかといえば簡素なご葬儀を望まれる方々が多くなっているように思われます。
もちろん、その一方で、今まで通りの一般的なものをお選びになる方々もいらっしゃいます。
ご葬儀にも色々なものがあり、葬儀社によっても少しずつ違いがあるものです。選択肢が広がったこと自体は良いことですが、どのプランを選ぶべきか、迷ってしまう場合もあるでしょう。
やはり何ごとも、前もって調べておくことが必要です。そして、心の準備、覚悟も同様に重要なものだと思います。