意外と知らない訃報について

訃報とは誰かが亡くなったというお知らせのことを言います。読み方は「ふほう」です。訃報は誰が亡くなったか、お通夜の場所や日程、宗派、喪主などをお知らせします。主に亡くなった方と親しくしていた人に、電報や電話などでお知らせします。また、ご近所の方が亡くなった場合は回覧板をまわしてお知らせをすることもあります。最近は葬儀場でお通夜を執り行うことが多いため、まずは亡くなったことをお知らせし、葬儀会場や時間は決まり次第お知らせするケースもあります。ちなみに、お知らせする順番もあります。まずは親族へ、次に葬儀会社へ連絡します。その後故人の友人、知人、仕事や学校など身近な人にお知らせします。一通り連絡した後は、遺族の知人や友人などに伝えます。しかし、故人と特に親しい関係であった人には早めに訃報のお知らせをしましょう。その他、遠方に住んでいる親族などへも早めにお伝えしたほうがよいでしょう。現代ではメールでお知らせするケースも増えてきました。しかし、訃報をメールで知ることに抵抗がある場合もありますので、注意が必要です。

知り合いなどに不幸があったりすると、葬式に出ることになる場合もあります。そういったときのためにある程度は服装なども事前に準備をしておきたいものです。通夜であれば、ダーク系の服装で行くようにして、黒に限らなくてもいいのですが、葬式になると黒い礼服や黒無地のスーツなどが適しています。男性では黒いネクタイを着用して、女性では黒いストッキングを履いていくようにします。また、場合によっては和装にするというのもいいでしょう。その場合では自分の家の家紋が入った着物を着ることになります。
子供を同伴させて参列する場合には、基本的には制服を着ていけばいいでしょう。しかしながら、制服があるとも限らないので、そういった場合には、白いブラウスに黒や紺色、グレーなどのジャケットやスカート、パンツなどをはかせるようにするといいでしょう。葬式ではある程度かしこまった服装にするのがマナーになります。
そういったことを心得て、参列するようにしましょう。

<PR>心の童話 / JALカード / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / アフィリエイト相互リンク / 住宅リフォーム総合情報 / マッサージのリアル口コミ.com / 女性向けエステ.com / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / クレジットカードの即日発行じゃけん / 生命保険の選び方 / 生命保険の口コミ.COM / 英語上達の秘訣 / 英語上達の秘訣